きむら指圧研究所/東京 京王線笹塚駅前:指圧のやり方が学べる経絡指圧講座〔教室)。肩コリ/腰痛/ぎっくり腰に効く経絡指圧治療
  きむら指圧研究所:京王線笹塚駅前 

§手 技 療 法(2)

◇放射性物質を浄化!

プラズマクラスタ搭載
シャープ空気清浄機

よく知られた「手技療法」の紹介

                    手技療法(1)        手技療法(3) 

◇あん摩

◇マッサージ



■ あん摩

古来あん摩は、疾病の治療および予防、あるいは保健の目的で、手徒により、一定の方式に従って、普通、衣服の上から遠心性(心臓から離れる)に施術する技術です。、抑按の「按」と調摩の「摩」をとって 一般に「按摩」と言われるようになりました。

「按」の意味は「押さえること」即ち瀉術のことであり、「摩」 の意味は「撫でること」つまり補術を意味します。従って、あん摩は東洋医術の刺激の与え方の二大原則を 基礎とする補瀉の療法であると言われています。

あん摩の効果としては、循環機能が改善され、血液・リンパの流れを促進し組織の栄養をに調節する。

その他、筋の疲労を回復し作作業能高めまた神経を 適度刺激して爽快感を与え、その機能を力、分泌、排泄などを盛んにし、全身の新陳代を高める。 また内臓の働きを活発にして、消化・吸収、呼吸謝を旺盛 にする、などが上げられています。

さて、按摩は、本来中国から伝来した手技療法です。我が国に伝来したのは、おおよそ他の医学や仏教などの宗教と同様に奈良時代だろうと言われています。

ところが、その後、公からは按摩の文字が消えます。わずかに江戸期の浄瑠璃本などに散見できるだけです。新たに按摩についてがはっきりと表出したのは、江戸も後期にさしかかる頃です。いくつかの按摩の書物が著されたのです。

中でも重要なのが、導引口訣鈔(宮脇仲策)、按腹鍼術按摩手引(藤林良伯)、按腹図解(太田晋斎)の3書です。按腹図解は、現行の按摩法に最も近い方法が述べられています。特にこの書における解釈の術は、線状に手指を動かす現在の按摩の揉捏法の中心手技そのものといえるでしょう。

なお、江戸には、吉田流按摩というものが存在したようですが、その内容の詳細は定かではありません。按腹図解にいうような線状揉捏を行ったようなのですが、概して関西ではこの方法が現在でも主流です。

しかし、吉田流の名は関西では全く聞かれないため、もしかすると、関西での手法を、江戸で広めたのが、いわゆる吉田流であったのかもしれません。 (注:上記の説明はネット上で紹介されている内容を参考にしたものです)

ただ一般には、あん摩とマッサージが混同されている所があり、あん摩のよさが分かりずらいところがあります。また、あん摩は曲手といって、素人には真似できないようなやり方を考案していますので、それが逆に、あん摩は難しいと思われているかもしれません。

 

     

 

 

■ マッサージ

今、マッサージと言うと、巷ではタイ式マッサージと言う名称で各地で治療が行なわれているようですが、本来、マッサージ(Massage)という言葉はギリシャ語の「こねる」(sso)アラビア語の「押す」(mass)という言葉とラテン語の「手」(Manus)、ヘブライ語の「触る」などと同一語源であるといわれています。すなわちマッサージは「さすり」「押したり」「捏ねたり」する療法であるということです。

マッサージは、人類が生み出した最も古くから行なわれている自然療法とも言われています。人類が生まれてから本能的に手を触れて和らげていた行為、さする、押す、揉む、叩くなどがより効果的な方法に発展整理してきたものがマッサージなどの手技であるというわけです。

日本にマッサージが導入されたのは明治時代。明治18年赤十字病院長軍医総監橋本綱常(乗晃)が欧米諸国に視察したときに各国病院にてマッサージの外科応用の理論に親しく実見して帰国。

部下であった長瀬時衡氏に紹介する。広島博愛病院院長であった長瀬時衡氏は同病院に整形外科療法の一助として医療現場に採用したのが日本医療マッサージのはじめであるといわれています。 (注:上記の内容もネット上の一般的な説明を参考にしたものです)



       


 手技療法(1)           手技療法(3)   

 

 

Google
WWW を検索 www.shiatsu-k.comを検索