きむら指圧研究所/東京 京王線笹塚駅前:指圧のやり方が学べる経絡指圧講座〔教室)。肩コリ/腰痛/ぎっくり腰に効く経絡指圧治療
  きむら指圧研究所:京王線笹塚駅前 

§手 技 療 法(1)

◇放射性物質を浄化!

プラズマクラスタ搭載
シャープ空気清浄機

よく知られた「手技療法」の紹介

 

世の中には西洋医学的なもの以外にもあまたの治療法があります。きっと、あなたもその中の幾つかを体験されたことがあるかも知れませんね。ここでは、そうした治療法の中の「手技」による治療法(指圧を除く)を幾つか簡単に紹介いたします。

尚、これ等の内容はインターネット上で公開されているサイトさんの説明の中で、一般的と思われるものを参考にしてまとめさて頂きました。もし、不都合のある方はご連絡ください。

               手技療法(2)          手技療法(3)

◇鍼(はり)

◇灸(おきゅう)







■ 鍼(はり)

鍼治療は日本でも長い歴史を持っています。最近では代替医療の一つとして、西洋医学の医者も研究する人が増えています。世界的にも鍼治療を取り入れる医療機関が増えています。

基本的には、鍼の効果は疎通経絡と言われ、気の流れる道(経絡)のツボ(経穴)を刺激することにより気の流れや血流をスムー ズにさせ経絡を介して内蔵にまで刺激を送り、内臓の働きを整え、免疫機能をも強化するのものだと言われています。

鍼治療は中国で発達した治療法で,その起源は、古代中国の春秋戦国時代(紀元前8~3世紀)ともそれ以前ともいわれていますが明らかではありません。

日本 には5~6世紀ごろ朝鮮を通じて伝わったとされ、1000年以上日本の医療の主流を占めていました。しかし、明治にはいり、政府が西洋医学を正統医学として認め、医事制度もこの線に沿って制定したことにより、今日のような特殊職業となっています。

鍼治療の詳しい説明は、インターネット上で見ることもできますし、下記の書籍などを参考にされるといいと思います。ある方のサイトでは、鍼治療について次のように説明されています。


「鍼治療は、人体の精神機能や自律機能に作用し、くずれた生体バラ ンスや内部環境を正常に戻すことで生体の組織、器官の機能的、構造 的異常を改善又は回復する。

生体バランスのくずれが長期間に渡り慢性的な組織、器官の異常や 損傷がみられる場合、すなわち慢性病は鍼治療の効果の発現にかなり の期間を要し、悪化したのと逆の過程を経て改善していくものである。

一方急性病は、組織、器官の異常や損傷が急激にもかかわらず鍼治 療の効果の発現は、顕著若しくは劇的であり、急速な回復をみると言 える。日本において鍼治療は、慢性病に有効と考えられているが、本 来急性病治療に特効があり、かつ発病後出来る限り早い時期に治療を 受けることで治療回数、治療期間も少なくて済む。

また一般的には、鍼治療の効果と症状の改善は一致しているが、神 経損傷による神経症状については特に症状の改善に遅効性があり、自 覚的に症状改善がみられないまま一定期間を経た後、劇的な改善をみ る。なお、鍼治療の効果と症状の改善は、病気の軽重、種類、発症時 期患者の体質、年齢、体力など様々な要因に左右され一定していない。」



       

 


■ 灸(おきゅう)

お灸は今から約三千年前、中国の揚子江に発祥しました。以来針、漢方、按摩療法、として現代まで継承されてきたのです。地や時代を超えて自然と共存しようとする普遍的な考え方があります。日本へ伝われたのは、今をさかのぼる約千二百年前(平安朝の頃)、仏教伝来士によりもたらされたと言われています。

お灸は鍼治療と並行して行われることが多いものですが、最近では誰でもが自宅で簡単に出来る簡便な商品も沢山出回っていますので、あなたも利用したことがあるのではないでしょうか。

私も時々、利用しています。私はお灸に使う「もぐさ」の匂いが、何か癒されるような気がして好きなんです。以前は、お灸は直接、肌にもぐさを置いて、それに火をつけていましたが、それを嫌う人も多く、この頃では治療院でも先の簡便なものを使用する所が多いようです。

尚、お灸の効果としては下記のことが上げられています。

①白血球の数が増加する。
②各種、白血球の平均遊走速度が増加する。
③白血球の貪食作用が増加する。
④赤血球の数やヘモグロビンの量が増加する。
⑤血液凝固時間が短縮する。

詳しい説明などは、「お灸の話」を参考にしてください。

そのほか、この「もぐさ」を使って行う「ビワの葉療法」と言うのも、民間療法としてはよく知られています。ガンの治療法としても、民間ではよく使われます。とにかく、お灸は誰でも身近に使えますので、一度、試してみてください。

 

     

 

 

手技療法(2)    手技療法(3)

 

Google
WWW を検索 www.shiatsu-k.comを検索