知られているようで、余り知られていない本当の指圧とは?

 

指圧は「愛の手当て」本来の指圧は大変に治療効果が高いものですし、それが単に肉体の症状だけに効果があるものではありません。ノイローゼなどの精神的な症状にもいい結果をもたらします。

ただし、指圧と言いましても、行っている人によって千差万別な所がありますので、これが指圧の典型だと言えないのが残念なところです。ですから、ここでは、私のやっている指圧と言うことで話を進めさせて頂きます。

ところで、あなたは指圧を受けたことがありますか?もし受けたことがあるのでしたら、その時、いかがでしたか?世間では、指圧は痛いとか、強いと言う印象を持っている方が結構いますので、あなたの場合はどうでしたでしょうか。

 

これは、やはり指圧治療を行う側にも問題がありそうです。彼等の多くは、凝って固い所は強く押さないとダメだと言う考えがあるようです。そうした習慣を長く続けてきた為に、凝りのヒドイ患者さんのほうも、強くやってもらわないと、コリが取れないと思っているのです。

しかし、簡単に考えても、凝って固いと言うのは身体が限界に来ていることを現しているのですから、そこに更に外部から強い圧を加えると、身体は堪らず”悲鳴”をあげてしまいます。そのため、生体防御が働いて一層、筋肉を固くしてしまうのです。

表面が固いということは、その深部に本当の「コリ」があるのです。その深部のコリを取る為には、ゆっくりと深く、持続圧を加えないとダメなんです。そうした圧を加えることで、患者は素直にその圧を受け入れてくれ、深部まで刺激が届き、患者の自然治癒能力を働かせることが出来るようになるんです。


まあ、そうしたことはさて置き、これまでにも指圧講座案内指圧治療案内のページの中で指圧の在り方について述べてきましたが、ここで更に指圧とは何かにつて簡単にまとめてみました。

 

■ 指圧法のなりたち

指圧とはどういうものか、よくご存知の方も、また全然知識の無い方もおられることでしょう。指圧という名称は、明治の末期から大正時代にかけて、手技を中心とした色々な療術(治療法)の中から始まって、昭和の初期から一般に普及し始めたといわれています。

特に指圧の名前が世間一般に知られるようになったのは、日本指圧専門学校を設立された、故・浪越徳治郎氏の功績が大きいと思います。

同氏は、テレビやマスコミに度々登場して、「指圧の心は母心、押せば命の泉わく!」というキャッチフレーズを盛んにくり返して唱えたことと、同氏の明るいキャラクターとがあいまって、指圧の存在が一気に日本中に知れ渡りました。

ただ、残念ながら指圧という名称だけが一人歩きをして、その本当の在り方が一般に浸透するまでには至りませんでした。痛いところやコリのあるところを押せばいいのだ、というような印象を強く与えてしまいました。

ところで、「指圧講座案内の所でも紹介しましたが、厚生省医事課編には、指圧に付いて次のように説明されています。

「指圧とは、導引・柔道活法・古来のあん摩術から発したものであるが、大正初期に米国の各種整体療法の学理と手技を吸収した施術である」

☆ 導引 : 古代中国で発達した治療法のひとつで、大気を体内に入れる道家の養生法です。インドのヨーガなどと通じるものがあります。

☆ 古来あん摩 : 厚生省教本によりますと、「古法の按摩術は診断と治療の両者をあわせてもつ、漢方医術が世界に誇る大的極的総合療術の一科なのであり、古法按摩は単なる慰安・娯楽的の術ではない」と説明されています。

☆ 米国の各種整体療法 : 新たな用手療法として発達してきた、カイロプラクティック、オステオパシー、スポンジロテラピーなどを指します。
(注) 上記の記述の一部は、故・増永静人氏の著書『指圧』から引用させていただきました。

 

■ 指圧の現状 

現在のところ指圧は免許制になっていますので、あなたがプロの指圧師になろうとすると、3年間、専門学校で学ばなければなりません。その後で都道府県の試験を受けて合格すれば免許が得られことになっています。

しかしながら、専門学校で学ぶ内容は主に免許を取るためのものが中心ですので、指圧の技術を十分に身に付けるという状態にはありません。その上、せっかく免許をとっても、学校側からはその後のフォローがありませんので、一人一人が個別に仕事先を探さなければなりません。

中には、すぐ独立して開業する方もありますが、大半はサウナのマッサージとか、チェーン店のある大きな治療院とか、クイックマッサージのような所で働くことになります。

こうした所で、更に治療技術を磨いていくことになるのですが、残念ながら、こうした所で行われている治療は、先に紹介しました古法あん摩のような治療を中心にしたものではありません。

ほとんどが、上記で述べたような、肩こりや腰痛などの患者にたいして、コリが強いからといって、グイグイと強い刺激を与える(強くもむ)やり方をしています。そのために、世間一般では、指圧は痛いとか、強くもむものだという認識が広まる結果になっています。

また法律では、指圧は「医療類似行為」として、正式な医療行為(病気を治すと意味において)とみなされていないという面がありますので、西洋医学の医者が正式な治療科目に指圧を取り入れることがありません。その為に、患者に指圧を勧めることをあまりしません。

この他にも、治療師自身が免許取得後に、より深く治療の在り方について勉強しようとしないところがあります。勿論、色々な手技療法を学んでいる方々も結構おられます。

しかし、ほとんどが手技のやり方とか手段を学ぶだけで、どうして病気になるのかとかの根本的な問題についての学びが、少ないように見受けられます。

こうしたことから世間での指圧の評価は、依然として、肩こりや腰痛などの肉体的なコリや痛みをとるために有効な手段である、という程度に止まっています。勿論、そうした肉体的な症状だけを取ることが悪いと言うのではありません。

そうした需要が多いのですから、治療師としてそれに応えることは大切です。ただ、それだけでは、本来の指圧の治療効果が十分に発揮できないのでは、と考えています。

ところが外国の一部では、近年、医者が指圧の治療師と一緒に患者の治療に当たるケースも出てきています。現に、私が以前に指圧を教えた日本人女性は、免許を持っていませんが、オランダで現地の医者に頼まれて一緒に患者の治療をしています。

また他の日本人女性は、ドイツで指圧の講習をしています。彼女も免許を持っていませんが、私が教えたことだけで十分に効果をあげています。

どうですか? 考えさせられる問題だと思いませんか・・・。 あなたは、どのように思われますか? 一つ考えてみてください。

 

■ 指圧の特色

指圧には色々な良さや特色がありますが、その中で、私が強調しておきたい特色の幾つかについて書き出してみます。


A. 診断、即、治療 

西洋医学では、まず色々な検査器具を使って診断して、病名をつけます。その間、結構な時間が掛かります。その後で、やっと専門の診療科で治療を受けることになります。 指圧の場合は、何も医療器具は必要ありません。

指圧では、手を患部に当てることが診断(その部位の異常を察知する)になります。そして、その部位を押すことで生体に刺激を与えて治療をすることになります。 こうした点で、素早く症状に対処できるのが第一の特色です。


B.予防医学 

指圧は色々な慢性症状に対して治療効果がありますが、それと同時に指圧を定期的に受けることによって身体の免疫力を高めて、病気になりにくい身体にすることができます。 その意味からも、指圧は予防医学として大変に有効なものだと言えます。


C.人間関係を密にする 

指圧はいわゆる“手当て”法ですから、手を当てたり、ゆっくり押すことによって、受け手との間でエネルギー(気といってもいいと思います)の交流が行われます。そして単に押す、押されるという関係を超えて、お互いを支えあう状態となりますので、それがお互いの信頼関係を築くことになるわけです。

よく、指圧のことを言い表す時に、漢字の「人」という字と同じであると言われます。それというのも、「人」という字は二人がお互いに支えあい、もたれあっている姿を意味していますから、指圧をする方と受ける方の支えあう姿も、これと同じことになります。

こうしたことから、指圧を継続的に行うことは、受け手との間でより深い信頼関係を築いて、より健康で明るい生活を送ることが出来るようになるのです。


D. ボランティア活動として最適 

上記に述べましたように、指圧は人間関係を密にする方法として最適ですから、何かの手助けを必要とする人々に対して、ボランティア活動として指圧を利用することは大変に効果的です。

ある生徒さんは、先の阪神大震災のときに、自分も何か出来ないかと被災地に問い合わされたら、何か特技が無いとダメだといわれたので、自分でも何か身につけたいと考えられて指圧の勉強に来られました。そして、指圧の講座が終わっても、指圧を通して楽しくし過ごしておられます。

他のページでも例にあげましたが、新潟の大地震の被災者の方にボランティアの方が指圧してあげて大変に喜ばれたというニュースが報じられています。ただ、ボランティアと言っても外部の人だけに限ったことはありません。家族でお互いに指圧し合うことが何より意味があると思います。


このほか、述べれば幾らでも上げられますが、指圧を単なる肉体の治療とするのではなく、もっと広い意味で考えて見ていただきたいと思い、上記の特色を挙げてみました。 




 

さて、指圧について気付いたところを簡単に紹介してみました。都内近辺の方は、是非、直接に「指圧講座」「指圧治療」をご利用ください。

 

     

 


Google
WWW を検索 www.shiatsu-k.comを検索